ロードバイクの腰痛・脚つり予防について(その1)

ロングライドで背中や腰周りが張って痛くなったり脚がつることってないですか?

僕の場合は、普段はあまりロングライドをする時間がないのでそれほど深刻に悩んでいるわけではないのですが斜度のきつい坂を登っているときにたまに腰が痛くなったり脚がつってしまうことがあります。

ヒルクライムはトレーニングでやっていますがタイムを毎回計ってベストタイムを更新できるように頑張っているので途中で腰が痛くなったりするとテンション下がっちゃいます。

それで簡単で気軽にできる予防法を探していたんですが、最近これはいいかも!って思った方法があったので紹介しますね。

ファイテンというメーカー知ってますか?僕は全然知らなかったんですがフィギアスケートの羽生結弦選手が演技の時につけているネックレスを作っているメーカーです。他にもマラソンの高橋尚子さんやプロゴルファーの松山英樹さん上田桃子さんなど多数のアスリートがファイテンの製品を愛用しているそうです。

磁気ネックレスのカッコいいやつが流行っているのかなと思ったんですがなんかチタンを使っていて生体電流を整える効果があって・・・とかめちゃくちゃ怪しい(笑)

でも色々検索してみると一般のひとにもファイテン愛好家は多いみたいで製品の種類もすごくたくさんある。効果の説明はともかく効き目はあるのかなとちょっと興味がわきました。

羽生選手のつけてるネックレスとかすごい人気みたいでネットでも品切れのことが多いみたいです。ブランドもののアクセサリーと比べたら安いかもしれないけどスポーツのギアとしてみたら効果も定かじゃないのにちょっと高くない?って思うんですけど。

半信半疑なんだけどすごく気になる。ファイテンの製品は独自技術のアクアチタンをいうものを使っているものが多いんですが、例えば普通のサポーターやアームカバーとかとファイテンの製品を比べると値段がかなり高い。効果がはっきり分からないのにそういう製品を買う気にはなれませんでした。

でもファイテンの製品の中にも安いものもあるんですね。ちょっと試してみよかなという気になったのがコレです。

 

ファイテン パワーテープx30

 

これ、見た目はピップエレキバンのマグネットなしみたいなシールなんですが50枚入りで実売800円くらいです。使い方は不調なところ、気になるところに張るだけ。肩こり腰痛なんでもござれ(笑)

で、買って試してみましたよ!ロードバイクのトレーニングだといつも腰痛や脚つりになるわけじゃないんで取りあえず日常生活で使ってみました。腰から背中にかけて2列で合計6枚貼ってみました。

仕事でデスクワークが長時間続くといつもなら夕方くらいに腰と背中がつらくなってくるんですがパワーテープを貼っていたらまったくなんともない。3日くらい貼りっぱなしにしていたんだけど毎日快調!ちなみにお風呂に入って普通に体を洗ってもはがれませんでした。

たまたまかもしれないのだけれどかなり驚いて、これはすごいんじゃないかと思い始めました。それでロードバイクの練習でも効果を試してみる気になったんです。もしかするとパフォーマンスアップしてくれるスペシャルなギアになるのでは・・・なんて。

んで、前ももに片足6枚、合計12枚も貼っていつものヒルクライムコースを走ってみたわけです。走り始めて特にいつもとの違いは感じなかったんですが調子はいい感じ。しばらく走って斜度のきつくなるところをダンシングで登っているといつもならッティングに戻して走るところにさしかかっても脚がつらくならない!いつもよりかなり長くダンシングができました。

ただ、僕はダンシングを多用するとタイムはかえって遅くなることが多いんです。ダンシングを長く使えたからといって速く走れているとは限りません。でもゴール近くで最後の力を振り絞ってスプリントをかけて走り抜けていい手ごたえを感じました。

家に戻ってからストラバでタイムを確認するとなんとベストタイムを更新していました!あまりにも出来過ぎな結果に笑顔がとまりません。おそらく体重1kg絞る以上の効果だったと思います(僕の体重は60kgくらいです)。

その後、さらにタイムを更新できているかというと季節も寒くなってきたこともあってさらなる更新は出来ていないんですがパワーテープを貼って疲労低減やパフォーマンスの良い状態が維持できる効果を実感しています。

僕にとってはもうこの効果はゆるぎのないものになっています。この体験があまりに衝撃的だったのでほかにもいろいろとファイテンの製品を購入してしまいました。もちろんロードバイクでのパフォーマンスアップを期待して。だってバイクのカスタマイズをするよりもずっと安いよ?!

そんなわけでこの記事まだ続きます(笑)

 

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!